開発した第1世代過充電防止回路製作用プリント基板の販売

ご案内
外観
実装例
各セットの中身
推奨最大充電電流・販売価格
ご注文

戻る

以下は、スポンサーです。

ご案内

 2013年3月1日より、 過充電防止回路のご紹介 で紹介させていただきました、 独立電源システム向け第1世代過充電防止回路に関し、製作用のプリント配線板を販売いたしております。

外観

 以下は、プリント配線板の外観です。

実装例

 以下は、プリント配線板の実装例です。

本プリント配線板は、電気の知識があり、はんだごてを扱うことができる方向けです。 本プリント配線板は、ROHS対応です。 耐水性はありませんので屋外では袋等に入れお使いください。 FET1つにつき2.5Aまで充電できるように設計しておりますが、充電電流は合計で2.5Aまでしか確認しておりません。 本商品をご使用の際は、太陽電池、バッテリー、直流電源が必要になります。 またプリント基板単品の場合は、実装部品、逆電流防止ダイオード、ヒューズ等が必要になります。
 部品は以下のように実装してください。

部品名 写真中記号 備考
FET Q1,(Q2),(Q3),(Q4) モデルによってFETの個数が違います。FET1個につき2.5Aまで充電できます。
バイポーラトランジスタ Q5
LED LED1,LED1,LED3,LED4,LED5,LED6,LED7 使用LEDによって個体差がありますので、仮実装して過充電判定電圧を調整してから半田で固定してください。 また、過充電判定電圧が高い場合は、LED7に赤色LEDを1つ使って過充電判定電圧を下げてください。
抵抗1(4.7MΩ、2.2MΩ、1.0MΩ、470kΩ) R2,R3 抵抗値の大きさで過充電判定電圧を微調整してください。 抵抗値が高いほど過充電判定電圧が下がります。 また、抵抗値が高いほど消費電流が下がります。
抵抗2(470Ω) R1 LEDの電流制限抵抗です。
端子台 CN1 1:太陽電池+、2:蓄電池+、3:太陽電池-、4:蓄電池-です。



赤色LEDは代替品となる場合がございます。

これは、実装部品例です。


抵抗器一覧です。


推奨最大充電電流・販売価格

推奨最大充電電流・販売価格は、以下の通りです。
コード 商品名 単位 推奨最大充電電流 販売価格
11001 第1世代過充電防止回路用プリント配線板ocp-7L4T 1枚 - 1枚目1,480円 2枚目以降1,000円
11002 第1世代過充電防止回路用プリント配線板ocp-7L4T(20枚小売パック) 1パック - 18,000円



ご注文

お名前
電子メールアドレス
電話番号
郵便番号
住所
[11001]第1世代過充電防止回路用プリント配線板ocp-7L4T
[11002]第1世代過充電防止回路用プリント配線板ocp-7L4T(20枚小売パック) パック

 送料は当方が負担いたします。 銀行振込手数料はお客様にご負担いただきます。 この価格は、以下でお申込みいただいた方の価格です。 FC2ショッピングカート、ヤフオク、楽天オークションでの価格は異なる場合がございます。
 フォームで購入手続き後、代金をお振込みください。 時間が取れないこと、在庫がないこともあるため、振込後発送まで、基板単品で1週間程度、実装部品を含むセットで2週間程度いただく場合がございます。 提供している情報の正確性、商品を組み立てた結果に関し、当方は一切責任を負いません。 間違った部品が納入された場合は、交換にて対応させていただきます。 当方で発送後から2週間以内かつ未使用の商品を返品する場合、 送料と振込手数料(5枚まで400円、40枚まで800円)をいただきます。





以下は、スポンサーです。
オートバックスドットコム リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム 太陽光発電一括見積 太陽光発電一括見積



独立電源システムと過充電防止回路のChariot Lab.のページートップに戻る